キズやへこみはそのままで

車を買い取ってもらうという時には、まずは自分の車を査定してもらうものです。

その際には、ボディーにキズやへこみがあれば確実にマイナス査定となってしまいます。

それが深い傷であればなおさら大幅ダウンになります。

しかもへこみの具合によっては、『事故歴あり』と見られてしまう事もあります。

 

よく、『マイナス査定が嫌だから、買い取り査定の前には修理に出して、キズやへこみのない状態で査定してもらうほうがいい』と考える人がいます。

確かに、キズ・へこみがなければマイナス査定が逃れられるかもしれません。ですが、実際は傷やへこみはそのまま売ってもらった方がいいのです。

傷やへこみを修理工場に出せば、もちろん修理費用がかかってしまいます。

その修理費用とキズ・へこみを直さずに査定してもらった場合を比較すると、ほとんどの場合、その修理費用の方がトータル的に高くなっているのです。

大手の買取業者の場合、自社工場を持っていますから、傷やへこみのある車を買い取った場合、そこで修理して中古車として売りだすのです。

そのため、マイナス査定になる分は、そこでの修理にかかる費用です。

ところが一般の修理工場にいくと、その修理にかかる費用の他に、利益分も一緒に請求されますから、その利益分は確実に高くなるのです。

 

また、たとえ綺麗に修理しても、修理してという事は分かりますから、買い取り業者によっては『修復歴あり』としてマイナス査定になることもあるのです。

ほとんどの場合、傷やへこみはそのままで出した方がいいです。もちろんお得にならないケースもありますが、マイナスにはならないはずです。