出来るだけ早く売る

よく、「車を売るタイミングはいつがいい?」という事を聞かれたりします。

正直な話、売りたいと思った時がベストなタイミングなのです。

 

車というのは、年式が古くなればなるほど、その価値は下がってしまうのです。

ですので、1日過ぎれば○円というように下がっていくと思った方がいいのです。

車の状態はほとんど変わらなくても1年経過しただけで数十万円は下落するものと思った方がいいでしょう。

一番下落が大きいのが、新型モデルが発表になった後です。もしかすると『新型が近々発表になるらしい』という噂が出ただけで買い取り価格は下がってしまうのです。

日本の車というのは外国の車に比べて、モデルチェンジが非常に早いです。

 

しかも外国の場合はほとんど大きなモデルチェンジは少ないですが日本の場合は、簡単にスタイルが変更されてしまいます。

そのため、モデルチェンジがされると、もう過去のモデルとみられてしまいますので、中古車市場でも売れなくなるのです。

売れなくなるという事は価格を下げなければいけない。そうすると当然しわ寄せが来るのが買い取り価格の方なのです。

 

早いメーカーでは2年に1度モデルチェンジをおこなったりします。

そのため、もしそのタイミングで車を売るかどうか、もしくは買い取りの交渉をおこなっているなら、1日も早く売ってしまった方がいいでしょう。ですが、早く売っても次の車が決まっていなければ、車を持っていない時期がでてきます。

そうするとレンタカーを借りたりその他の交通手段を使わなければいけなくなります。

買取業者によっては、早く買取をして、新しい車が来るまでの期間、代車を貸してくれるサービスがあるところもあります。

そういった業者なら、すぐに売ってしまった方がいいでしょう。