整備記録簿などを見せる

事故歴のある車は査定額でマイナスになるというのは、どこの車買取業者に依頼しても同じ事です。もちろん傷やへこみの状態を見れば、どこでもマイナスになりますから。ですが、以前に事故歴があって修復済みとなれば、査定額は変わってくる事があるのです。

 

事故と言っても、どのような大きい事故なのかは分からないものです。ましてや修復済みとなれば、それは分かりにくいです。ですが査定員もプロですか ら、どういう事故であったのかはわからなくても、事故歴があるという事だけは車を見ればわかるものなのです。その事故の大きさによっては、査定に響かない ものや、大きな査定ダウンにある場合もあります。それを証明するには整備記録簿などを見せるのが一番です。単純に『事故歴あり』とだけ括られてしまって は、大した事故でない時には損をします。その整備記録簿を見ることにより、これは事故とは呼べないという買取業者もあるかもしれません。そのためにも整備 記録簿は残しておくといいでしょう。

 

また整備記録簿は、その車の持ち主が、どれだけメンテナンスをしていたのかという証拠にもなります。しっかりと定期的にオイル交換などをしていると いう証拠があれば、「この人は車を大切に乗る人だ」と思われ、多少エンジンの音が変な感じがしても、整備不良ではないだろう、となるかもしれません。逆に そういった記録がなければ、このエンジン音はメンテナンス不足によるものの可能性があるとして、マイナスになるかもしれないのです。