洗車をする

車の買取査定のポイントとして、査定してもらう前には車の隅々まで掃除をして洗車をしておくという事が有効です。

とはいえ、洗車をしたからといって必ずしも査定額が良くなるという保証はありません。

実際、買い取り業者が車を買い取って中古車市場で売りさばくという場合、一度綺麗に洗車して売りますから、洗車をしてようとしてまいと、関係ないのです。

だったた、洗車費用と手間が無駄になるからやらない方がいい、と思うかも知れません。

確かに査定額がアップする保証はないのですから、やっても無駄という場合もあります。

 

ですが、査定員も人間ですから、査定する時に泥だらけの汚い車を査定するよりも、ピカピカに輝いている車を査定するのでは気分は違うはずです。

むしろ泥だらけの方が傷が目立たないのでは?と思うかもしれません。

ですが査定員も仕事ですから、泥がついていればある程度綺麗にしてみますし、それだけで見落とすようでは査定員としてやっていけないのでは?と思います。

逆に、車を綺麗にしないという事は、メンテナンスもよくされていないのではないかと思われてしまいます。そうすることでマイナス査定になってしまうかもしれないのです。

 

とりあえず、ピカピカにしていれば、メンテナンスが良くされているということで心証は上がるでしょう。

査定員も人間ですから、綺麗なものを見れば気持ちも良くなるものです。多少傷があっても多めに見てくれるかもしれませんね。

 

とはいえ、慣れない人が無理に洗車をしてしまうと細かい傷をつける可能性もあります。

それよりは水洗いでさっと汚れを落とすくらいにした方がいいでしょう。