純正品は残しておく

 

車は購入したままの状態で乗るという人が多いですが、中には車高を落としたり、エアロなどをつけたり、マフラーを社外パーツに変えたりといろいろカ スタマイズして乗るという人もいます。もちろん買取業者によってはカスタム車を好んで買い取りするというところもあります。主にそういう類の車を売ってい る業者になります。ですが、そういった買取業者でない限りは、そういったカスタム車はたとえ車の状態が良くてもマイナス査定になってしまう事が多いので す。

 

そういったカスタム車をマイナス査定にしないためには、やはりカスタムパーツは取り外して、ノーマルに戻すというのが基本です。そうすれば、どんな に普段カスタムした車に乗っていても、それが原因でマイナス査定になるとは考えられません。ただ、逆にボディーカラーが色あせていたりして、その純正パー ツだけが異常に綺麗な状態となれば不信に思うかもしれませんが、それでもそのパーツが問題でマイナスになるのではなく、色汗の方が原因でマイナスにはなる でしょう。そのためにも、カスタマイズする時には、取り外した純正パーツはしっかりと保管しておくという事が重要です。

 

また、取り外したカスタムパーツが無駄になるというのであれば、それも含めて買い取りしてくれる業者もあります。また、そういったパーツなどは、 ネットオークションで売ってしまえば高値で売れる事もあります。もちろん、カスタムしたまま売って、純正パーツを売るという方法もあります。確かに純正 パーツは高く売れるかもしれませんが、車体の買取価格を含めるとトータル的にはそれほどでもないでしょう。