車検には出さない

車を乗るためには、車検を受けなければいけません。大体の人は、車検が近付いてきたから、車検代で数十万円支払うよりも、もう車も古くなってきたか ら買い換えようと思うのが一般的です。ところが車検が残り少ない、もしくは車検がなくなってしまえば、当然買い取りの際の査定額はマイナスになってしまい ます。

 

高く買い取ってもらう時のコツとしては、車検が多いうちに売ってしまうという事ではあります。ですが、それとともに、車検が残り少ない、車検が切れ てしまったという時には、無理に車検を取らない方がいいというのもコツなのです。矛盾しているのではないかと思うかも知れませんが、実際にそうなのです。

 

車検を取ると、当然数十万円、もしくは20~30万円かかるかもしれません。もちろん車検をとれば、車検が無い状態で売るよりも査定額は高くなる事 でしょう。ですが、この差額というのは車検を取る費用よりも確実に少ないです。車検で20万円かかるというのであれば、実際車検を取って査定してもらって も10万円程度しかアップしないでしょう。ということは、10万円近く損をするという事になります。

 

結局、乗るためには業者でも車検は通さなければいけません。もちろん、税金や諸経費などは同じくらいかかります。ですが整備費用というのは、自社工 場などで行いますからほとんどかからないのです。ところが普通に車検に出してしまうと、整備費用(整備工場の儲け分)も支払わなければいけなくなります。 中には手続き代行料も入っているかも知れません。そういう事から、もし売ろうと思った時に車検が無い場合にも、無理に車検は取らずに買い取ってもらった方 がいいのです。