カスタム車


車というのは、人によっては購入したままではなく、いろいろと改造・カスタマイズして乗るという人もいます。

車高を下げたり、エアロを組んだり、スモークを貼ったりなど、カスタムの方向は人それぞれです。

 

ですが、こういったカスタム車は車買取査定の際のマイナスポイントとなることがあります。

カスタムの方向性は人それぞれということは、当然、そのカスタム車を好む人もいれば、乗りたくないという人も出てくるのです。

車検も通らないような激しいカスタムやセンスの悪いカスタムならなおさらです。

もちろん、中にはそういった車が好みという人もいますが、絶対数は少ないですから、売れにくいというのが買取業者の気持ちなのです。

 

もちろん、売る時の為にカスタムを我慢して乗るというのも、本末転倒ですから、本来は改造したいように改造して乗ればいいのです。

ただ、売る時には、純正パーツに戻して買取査定をしてもらった方が高くできるのです。

その上で余ったカスタムパーツなどはネットオークション等で売った方が高く売れるかもしれません。

また買取業者によってはそういったかカスタムパーツも査定してくれる業者もありますから、聞いてみるといいでしょう。

 

基本として、カスタムをどのようにしても構わないのですが、ノーマルに戻せないような改造は避けた方がいいという事と、しっかりと純正パーツは残しておくという事を肝に銘じておくといいでしょう。

もし、ノーマルに戻せないというのであれば、そういったカスタム車を中心に買取をしている業者を選ぶというのも一つの方法です。