カラー

同じ車種、同じグレード、同じくらいの走行距離なのに、買取価格が大幅に違うということがあります。

それは、車のボディーカラーです。車というのは車自体の性能だけで人気が出るわけではなく、見た目も重要です。スタイルもそうですが、ボディーカラーに関しても人気・不人気があり、不人気カラーとなると大幅マイナスされてしまう事もあるのです。

買取業者も売れる車には高い査定を出すのですが、売れる可能性の少ない車にはあまり査定額を高くしません。

 

一般的に、マイナス査定となりにくいボディーカラーとして、ホワイト・ブラック・シルバー等があります。

こういったボディーカラーなら、よほど色あせなどが無い限りマイナス査定になる事は少ないでしょう。

確かに、これらのボディーカラーでも、車種によってはマイナス査定になる事はあります。

幅広い年齢層に人気のある車種であれば、問題ないのですが、ターゲットを若い人向けなどに絞って作られている車種の場合には、不人気となる場合もあります。

若い人向けならブラック系は問題ないですが、ホワイト系・シルバー系などはボディーカラーによってオジサンの車と見られてしまうかもしれません。そういった車種はマイナス査定となります。

 

車を購入する際に、ディーラーなどに『人気の色です』と言われたものを購入すれば問題ないです。

ですが、他の人と違った車に乗りたいということで変わったボディーカラーの車を購入したりすると、売る時に安くなるというわけです。

一般的に、ブルーやレッド、グリーンなどのカラーは人気が分かれるので、マイナス査定になりやすいです。