キズ・へこみ

車買取業者がチェックするポイントとして、まずその車にキズやへこみが無いかというところをチェックします。

たとえ、人気車種、年式、走行距離とも問題が無くても、ボディーにキズやへこみがあれば、マイナス査定は避けられないでしょう。

 

自分ではぶつけたり擦ったりした覚えはないのに、細かい傷があるからマイナスというケースも少なくないのです。

細かいキズというのは、飛び石、洗車の際についてしまうキズ、乗り降りの際についてしまうキズなどがあります。

こういった傷というのは、普段から注意をして乗らないと、非常に付きやすい傷になります。

 

じゃあ、買取査定の前に、整備工場に車を出して、そういったキズやへこみをしっかり綺麗にしてもらおう、と思う人もいるかもしれません。

たしかに整備工場で修理してもらえば、マイナス査定にならないかも知れません。

ですが、実は買取してもらう際には、傷やへこみがあってもそのままで出した方が結果的におとくになることがほとんどなのです。

確かに、査定額はマイナスされなくていいのですが、整備工場での費用は別に支払わなければいけません。ほとんどの場合、そのマイナス査定分というのは整備工場で請求される金額より少ないです。

なぜなら、自分が整備工場で直せば、その修理にかかる部品、経費のほかに、整備工場の利益が加わります。

ですが、買い取りの際のマイナス査定分は、修理に実際にかかる費用分だけマイナスされるのです。

特に大手の車買取業者なら、自社で整備工場を持っていますから、傷やへこみがあっても自社で直して売りますから、利益分は要らない事になります。

 

また、査定額をアップさせるために、小さいキズなら自分で直して、洗車をして綺麗にするという人もいます。

これの場合も、自分でおこなって逆に酷い状態になってしまうということがあります。自信が無いなら、そのまま査定に出した方が無難でしょう。