タイヤ

マイナス査定になるポイントとして、意外と忘れがちなのがタイヤです。

車体は問題が無くてもタイヤでマイナス査定をされてしまう事があります。

もちろん、普通に走行できるような状態であれば問題がありませんが、大幅にすり減っている状態であれば、マイナス査定になる可能性が出てきます。

ただ、走行できる状態でも、タイヤにキズなどがあれば、マイナスにされてしまいます。

よくタイヤを保管サービスしてくれる整備工場などがあります。

そこで保管してもらっている時に、その方の名前をタイヤに書いてしまうという業者があります。

そうするとその事でマイナスにされてしまう事もあるのです。

 

タイヤでマイナス査定ということもありますが、買取業者によってはホイールも査定されることがあります。

場合によってはアルミホイールを履いていないというだけでマイナスにされてしまうという事もあるようです。

ホイールに関しても、高価なアルミホイールをつけていたからといって査定額がアップするという事も少ないです。

もし高価なアルミホイールをつけているなら、多少マイナス査定になっても、古いホイールに履かせ変えておくのもいいかもしれません。

 

また、査定額がアップするかどうかは分かりませんが、査定員の心証も重要になってくるかもしれません。

ボディーだけでなく、タイヤやホイールをピカピカにしておけば、『この人は車を大切にする人だ』という印象付けになり、それにより多少なりとも査定に繋がるかもしれません。

逆に汚ないだけでマイナスになるかもしれません。