ローンが残っているけど売れる?

車を購入する際、多くの人が各金融機関にあるマイカーローンなどを利用するかと思います。

マイカーローンは車を購入するための資金を貸し出ししてくれるというもので、金利が安く他理由での借り入れはできません(金融機関によっては整備や車検でもOKというところもあるが)。

その返済期間というのは人それぞれで1年の人もあれば5~6年という人もいます。

 

長期で返済という予定を立てている人には、ローンが残っているけど買取してもらいたいという人もいます。

また、もうすぐ返済が終わるから、ちょっとの期間は苦しくなるけど、これを機に新車を購入しようと考える人もいるはずです。

ですが、実際、金融機関などのマイカーローンを借り入れしている期間は、その車を勝手に売ることができないという場合もあります。

 

ローンを組むということは、名目上はお金を借り、それを元に自分の車を手に入れるというものなのですが、実際はローン会社がその車を購入して、その人に車を貸しているという場合もあるのです。

そして返済が終わると初めて自分の車となるのです。

ローンをしている人は所有権が誰になっているのかしっかり確認しておくといいでしょう。

もし、所有権がローン会社、金融機関にあるという場合には、勝手には売れません。その車は自分のものではないのですから。

売るためには残金を返済し、所有権解除というのをしなければいけないのです。

 

買取業者によっては、残金を含めて新しいローンを組めるように計画してくれるところもあります。

もちろん、その手続きはすべて買取業者がしてくれますので、難しいこともありません。

もしローンが残っているという人は、そういう買取業者に依頼するといいでしょう。