下取り

車を売るという場合には、車買取業者に買い取ってもらうという方法の他に、下取りをしてもらうという方法もあります。下取りと買い取りの違いがわからない、同じ事だろうと思うかもしれませんが、実際は別物です。

 

買い取りというのは、その名の通り車を買い取ってもらい、現金を受け取るという方法です。下取りというのは、新しく車を購入する時に、それまで乗っていた車を引き取ってもらうという方法になります。そのため、ほとんどの場合は、古い車の代金として現金を受け取るのではなく、新しい車を購入する費用の足しにするのです。例えば新しい車を購入する費用が100万円かかるとします。そして、古い車を下取りしてもらう代金が40万円という場合には、新しい車を購入する際、支払う費用は差し引きで60万円でいいという事になります。もちろん、買い取り査定で40万円となれば、結果的には支払いう費用は同じ60 万円となります。

 

どちらが、古い車の代金として高くなるのかというと、一概にどちらが多いかとは言い切れないところもあります。基本的には、下取りの方が若干高くなるかもしれませんが、場合によっては買い取りの方が高くなる事もあるのです。そのケースとして新車を購入するメーカーと同じメーカーの車を下取りしてもらうという場合には、下取りの方が高い事が多いです。逆に他メーカーの場合には買取業者に売った方が高い場合もあるのです。

 

また同じ中古車店で中古車を購入して、中古車を下取りしてもらうというのであれば、買い取りと同じかもしれません。交渉の手段として、車を買うから、もっと高く買い取ってくれというのもありです。