車買取に際に必要な種類は

車を買い取ってもらうとき、ただ査定してもらい、納得がいったら売ってお金を受け取って終わり、というわけではありません。衣類や電化製品などをリサイクルショップでうるというのとはわけが違いますので、買い取ってもらう際に必要な書類というのがあるのです。

 

まず必要な書類としては自動車検査証(車検証)が必要です。もちろん、これは車に積んでおくべき書類でもありますから、特別用意するものというわけではありません。車検切れの場合は、その前に取得した車検証があるといでしょう。これをなくしたということになれば、売る際の車検までの期間もわかりませんので査定ができません。もちろん、車検証がないというだけで運転することもできないのですが・・・。

 

また、これも車に積んでいるはずのもので、自賠責保険証明書が必要になります。その他には、毎年納税する義務がある自動車税の納税証明書(有効期限が残っているもの)、印鑑登録証明書、リサイクル券、実印などが絶対に必要な種類となります。また、その他に住所変更があった場合、結婚をして姓が変わった、本籍も変わった、など印鑑証明や車検法などに記載されているものと違う場合には必要な書類が増え、住民票や戸籍謄本が必要になる場合もあります。

 

その他には、任意となりますが、整備記録簿などがあると、どのような整備・メンテナンスをしてきたのかがわかりますので、あると買い取り価格をアップすることもできるかもれませんので、あれば一緒に提出するといでしょう。