走行距離

買取査定の際に、マイナスされてしまうポイントとして、走行距離があります。

当然、平均よりもはるかに走行距離が走っていれば、年式やエンジンなどの具合に関わらずマイナス査定になる事は揺るぎのないところです。

 

実際、我々が中古車を購入しようと思った時、同じ年式、同じ状態の車があった場合、判断基準として走行距離を気にしてしまいます。

たとえ1万キロ程度しか違わなくても、当然同じ価格なら走行距離が少ない方を選ぶはずです。という事は売る側からすれば、走行距離が多い車は、少し安くして販売するしかないのです。

という事は、当然、買い取りの際の価格を抑えるのが基本ですから、マイナス査定になってしまうのです。

 

特に目安となるのが10万キロを超えているかどうかというところでしょう。

最近の車は20万キロは問題なく走行できると言われていますが、それでもどこかにガタが来てしまう可能性は高くなります。

また10万キロ目前の車ではタイミングベルトの交換が必要になる場合もあります。購入したばっかりですぐにタイミングベルトを交換しなければいけなくなれば、それだけ費用もかかります。

 

では、出来るだけ走行距離が少なければいいのか、というと一概にそういうわけでもないのです。

車というのは、あまり乗らなくてもエンジン度の調子が悪かったりします。新車で購入してから5年も経過しているのに、未だ1万キロ程度というのであれば、ちょっと不安が残ります。

基本的に車買取業者は基本となる相場があり、そこから悪い部分をマイナス査定していきますので、ほとんどの場合、走行距離を走っていないからといってプラス査定されるという事はないようです。