個人売買

車を売るという場合、もっとも高く売れる方法が個人売買です。

どんなに高価買取をしてくれる業者だったとしても、その買い取りした車を中古車として売った時に利益が出ます。

買取をした金額と売った金額の差額が多ければ多いほど儲けが出るのです。

個人売買というのは、そういった儲けを出す中間業者がいないわけですから、確実に高く売ることができます。多少高く売ったところで、購入する方からすれば、それでも中古車店から購入するよりもはるかに安い金額で買う事も出来るので、売る方も買う方も得をするのです。

 

もちろん、これは個人売買をおこなう事ができる相手がいた場合です。

知り合いが欲しいと言っていればいいのですが、売りたくても相手がいなければ結局のところ売ることができなくなってしまいます。

また、知り合いに売った場合、何か不都合があれば文句を言ってきたりしますし、ガラの悪い相手なら『車を返すからお金も返せ』なんて言われてしまう可能性もあります。

ですが買取業者の場合、売買契約が成立すれば、その後はたとえ売った車に不具合が生じても、問題ないのです。

 

また、個人売買の場合は手続きが面倒くさいという面もあります。

名義変更をおこなわなければいけませんので、いろいろな書類を用意しなければいけませんし、ローンが残っている車であれば、所有者がだれになっているのか確認もしなければいけません。もし所有権がローン会社にあるという場合には、返済して所有権解除をおこなわなければいけないのです。

このように面倒なことが多いのが個人売買です。