車検には出さない

車を乗るためには、車検を受けなければいけません。大体の人は、車検が近付いてきたから、車検代で数十万円支払うよりも、もう車も古くなってきたか ら買い換えようと思うのが一般的です。ところが車検が残り少ない、もしくは車検がなくなってしまえば、当然買い取りの際の査定額はマイナスになってしまい ます。

 

高く買い取ってもらう時のコツとしては、車検が多いうちに売ってしまうという事ではあります。ですが、それとともに、車検が残り少ない、車検が切れ てしまったという時には、無理に車検を取らない方がいいというのもコツなのです。矛盾しているのではないかと思うかも知れませんが、実際にそうなのです。

 

車検を取ると、当然数十万円、もしくは20~30万円かかるかもしれません。もちろん車検をとれば、車検が無い状態で売るよりも査定額は高くなる事 でしょう。ですが、この差額というのは車検を取る費用よりも確実に少ないです。車検で20万円かかるというのであれば、実際車検を取って査定してもらって も10万円程度しかアップしないでしょう。ということは、10万円近く損をするという事になります。

 

結局、乗るためには業者でも車検は通さなければいけません。もちろん、税金や諸経費などは同じくらいかかります。ですが整備費用というのは、自社工 場などで行いますからほとんどかからないのです。ところが普通に車検に出してしまうと、整備費用(整備工場の儲け分)も支払わなければいけなくなります。 中には手続き代行料も入っているかも知れません。そういう事から、もし売ろうと思った時に車検が無い場合にも、無理に車検は取らずに買い取ってもらった方 がいいのです。

人気車種は粘る

車の買取査定のポイントとして、やはり買取業者が最初に提示してきた価格では売らないという事です。ほとんどの業者は、お客様が値引き交渉してくる ものだと思って、初めは査定額を低めにしてるものなのです。そのため、ちょっと粘るだけでも数万円はアップするかもしれません。また出張査定に来た時はな おさら、経費がかかっていますから、ムダ足にならないように、交渉を早く進めようとするのです。

 

こういった値引き交渉は必ずおこなうといいでしょう。そして、その車が人気の車種であるという時には、さらに強気で出てもいいかも知れません。人気 の車種という事は買い取り業者でも簡単に売りやすい車という事ですから、たとえ多少、利幅が少なくなったとしても、すぐ売れてしまえば儲けは出ます。逆に 不人気車種の場合は、買い取ったものの売れない可能性があり、維持費で赤字になってしまうリスクもあるのです。こういった裏事情がありますから、人気車種 はとにかく粘る事、そして複数の業者を何度も引き合いに出して交渉することが大切です。たとえ、ボディー細かいキズがあっても、走行距離が多くても、高く なる事もあるのです。

 

ただ、人気車種だから、もう少し高くしたい、どちらかの業者が折れるまでずっと粘る、という事も大切ですが、ある程度の所で折り合いをつけることが 大切です。たとえ人気車種であっても、新型モデルが出たりすれば、大幅ダウンの可能性がありますし、半年も経過すれば、それだけ古く、走行距離も若干増え てきます。そのため、逆にある程度の時期を境にして査定額が下がってくる事もあるからです。

 

基本は人気車種はとにかく粘る事、ですがその交渉は早く進めることが大切なのです。

整備記録簿などを見せる

事故歴のある車は査定額でマイナスになるというのは、どこの車買取業者に依頼しても同じ事です。もちろん傷やへこみの状態を見れば、どこでもマイナスになりますから。ですが、以前に事故歴があって修復済みとなれば、査定額は変わってくる事があるのです。

 

事故と言っても、どのような大きい事故なのかは分からないものです。ましてや修復済みとなれば、それは分かりにくいです。ですが査定員もプロですか ら、どういう事故であったのかはわからなくても、事故歴があるという事だけは車を見ればわかるものなのです。その事故の大きさによっては、査定に響かない ものや、大きな査定ダウンにある場合もあります。それを証明するには整備記録簿などを見せるのが一番です。単純に『事故歴あり』とだけ括られてしまって は、大した事故でない時には損をします。その整備記録簿を見ることにより、これは事故とは呼べないという買取業者もあるかもしれません。そのためにも整備 記録簿は残しておくといいでしょう。

 

また整備記録簿は、その車の持ち主が、どれだけメンテナンスをしていたのかという証拠にもなります。しっかりと定期的にオイル交換などをしていると いう証拠があれば、「この人は車を大切に乗る人だ」と思われ、多少エンジンの音が変な感じがしても、整備不良ではないだろう、となるかもしれません。逆に そういった記録がなければ、このエンジン音はメンテナンス不足によるものの可能性があるとして、マイナスになるかもしれないのです。

一括査定を利用する

車の買取査定をしてもらう時には、複数の業者に査定をしてもらうのが基本とも言えます。

ですが、複数の業者に依頼するとなると、店舗に行くにしても1日に回れる買取業者はせいぜい2~3店舗ではないでしょうか。場所によっては1店舗しか回れないという事もあります。また出張査定をしてもらうと言っても結局は1日に1~2業者しか出来ません。中には夜間出張は承っていない業者もありますから、そうそう多くの業者から査定をもらうというのは出来ません。もちろん、査定を出してもらって終わりではなく、その複数の業者の中から数社に絞って、そこで競わせるというのが高値で買い取ってもらうコツでもありますから、そうなると1~2週間で売ってしまうというのも厳しいでしょう。そうこうしているうちに年式が古くなり安くなってしまいます。その間に新型モデルが登場したりしたら尚更ガタ落ちになります。

そういった悩みを解消できるのが、最近増えてきている一括査定です。これはインターネットでおこなう査定方法で、車種・年式・走行距離などを入力するだけで、複数の業者から一度に査定してもられるというサイトです。これをおこなえば、一度の入力でできますから簡単です。もちろん、その査定額で売れるという保証はありませんし、一度は自分の車を実際に見てもらわなければいけません。ですが、複数の業者からある程度絞るのには適しています。数社に絞ってから、実際に査定してもらえば、交渉が早く済みます。

純正品は残しておく

 

車は購入したままの状態で乗るという人が多いですが、中には車高を落としたり、エアロなどをつけたり、マフラーを社外パーツに変えたりといろいろカ スタマイズして乗るという人もいます。もちろん買取業者によってはカスタム車を好んで買い取りするというところもあります。主にそういう類の車を売ってい る業者になります。ですが、そういった買取業者でない限りは、そういったカスタム車はたとえ車の状態が良くてもマイナス査定になってしまう事が多いので す。

 

そういったカスタム車をマイナス査定にしないためには、やはりカスタムパーツは取り外して、ノーマルに戻すというのが基本です。そうすれば、どんな に普段カスタムした車に乗っていても、それが原因でマイナス査定になるとは考えられません。ただ、逆にボディーカラーが色あせていたりして、その純正パー ツだけが異常に綺麗な状態となれば不信に思うかもしれませんが、それでもそのパーツが問題でマイナスになるのではなく、色汗の方が原因でマイナスにはなる でしょう。そのためにも、カスタマイズする時には、取り外した純正パーツはしっかりと保管しておくという事が重要です。

 

また、取り外したカスタムパーツが無駄になるというのであれば、それも含めて買い取りしてくれる業者もあります。また、そういったパーツなどは、 ネットオークションで売ってしまえば高値で売れる事もあります。もちろん、カスタムしたまま売って、純正パーツを売るという方法もあります。確かに純正 パーツは高く売れるかもしれませんが、車体の買取価格を含めるとトータル的にはそれほどでもないでしょう。

洗車をする

車の買取査定のポイントとして、査定してもらう前には車の隅々まで掃除をして洗車をしておくという事が有効です。

とはいえ、洗車をしたからといって必ずしも査定額が良くなるという保証はありません。

実際、買い取り業者が車を買い取って中古車市場で売りさばくという場合、一度綺麗に洗車して売りますから、洗車をしてようとしてまいと、関係ないのです。

だったた、洗車費用と手間が無駄になるからやらない方がいい、と思うかも知れません。

確かに査定額がアップする保証はないのですから、やっても無駄という場合もあります。

 

ですが、査定員も人間ですから、査定する時に泥だらけの汚い車を査定するよりも、ピカピカに輝いている車を査定するのでは気分は違うはずです。

むしろ泥だらけの方が傷が目立たないのでは?と思うかもしれません。

ですが査定員も仕事ですから、泥がついていればある程度綺麗にしてみますし、それだけで見落とすようでは査定員としてやっていけないのでは?と思います。

逆に、車を綺麗にしないという事は、メンテナンスもよくされていないのではないかと思われてしまいます。そうすることでマイナス査定になってしまうかもしれないのです。

 

とりあえず、ピカピカにしていれば、メンテナンスが良くされているということで心証は上がるでしょう。

査定員も人間ですから、綺麗なものを見れば気持ちも良くなるものです。多少傷があっても多めに見てくれるかもしれませんね。

 

とはいえ、慣れない人が無理に洗車をしてしまうと細かい傷をつける可能性もあります。

それよりは水洗いでさっと汚れを落とすくらいにした方がいいでしょう。

キズやへこみはそのままで

車を買い取ってもらうという時には、まずは自分の車を査定してもらうものです。

その際には、ボディーにキズやへこみがあれば確実にマイナス査定となってしまいます。

それが深い傷であればなおさら大幅ダウンになります。

しかもへこみの具合によっては、『事故歴あり』と見られてしまう事もあります。

 

よく、『マイナス査定が嫌だから、買い取り査定の前には修理に出して、キズやへこみのない状態で査定してもらうほうがいい』と考える人がいます。

確かに、キズ・へこみがなければマイナス査定が逃れられるかもしれません。ですが、実際は傷やへこみはそのまま売ってもらった方がいいのです。

傷やへこみを修理工場に出せば、もちろん修理費用がかかってしまいます。

その修理費用とキズ・へこみを直さずに査定してもらった場合を比較すると、ほとんどの場合、その修理費用の方がトータル的に高くなっているのです。

大手の買取業者の場合、自社工場を持っていますから、傷やへこみのある車を買い取った場合、そこで修理して中古車として売りだすのです。

そのため、マイナス査定になる分は、そこでの修理にかかる費用です。

ところが一般の修理工場にいくと、その修理にかかる費用の他に、利益分も一緒に請求されますから、その利益分は確実に高くなるのです。

 

また、たとえ綺麗に修理しても、修理してという事は分かりますから、買い取り業者によっては『修復歴あり』としてマイナス査定になることもあるのです。

ほとんどの場合、傷やへこみはそのままで出した方がいいです。もちろんお得にならないケースもありますが、マイナスにはならないはずです。

出来るだけ早く売る

よく、「車を売るタイミングはいつがいい?」という事を聞かれたりします。

正直な話、売りたいと思った時がベストなタイミングなのです。

 

車というのは、年式が古くなればなるほど、その価値は下がってしまうのです。

ですので、1日過ぎれば○円というように下がっていくと思った方がいいのです。

車の状態はほとんど変わらなくても1年経過しただけで数十万円は下落するものと思った方がいいでしょう。

一番下落が大きいのが、新型モデルが発表になった後です。もしかすると『新型が近々発表になるらしい』という噂が出ただけで買い取り価格は下がってしまうのです。

日本の車というのは外国の車に比べて、モデルチェンジが非常に早いです。

 

しかも外国の場合はほとんど大きなモデルチェンジは少ないですが日本の場合は、簡単にスタイルが変更されてしまいます。

そのため、モデルチェンジがされると、もう過去のモデルとみられてしまいますので、中古車市場でも売れなくなるのです。

売れなくなるという事は価格を下げなければいけない。そうすると当然しわ寄せが来るのが買い取り価格の方なのです。

 

早いメーカーでは2年に1度モデルチェンジをおこなったりします。

そのため、もしそのタイミングで車を売るかどうか、もしくは買い取りの交渉をおこなっているなら、1日も早く売ってしまった方がいいでしょう。ですが、早く売っても次の車が決まっていなければ、車を持っていない時期がでてきます。

そうするとレンタカーを借りたりその他の交通手段を使わなければいけなくなります。

買取業者によっては、早く買取をして、新しい車が来るまでの期間、代車を貸してくれるサービスがあるところもあります。

そういった業者なら、すぐに売ってしまった方がいいでしょう。